メンエス妄想体験記 ~失われた快楽を求めて~

-東京と神奈川のチャイエスを中心に、時々なでしこ-

アジアン池袋

リラックスタイム@池袋の体験

店名:リラックスタイム
訪問時期:2019年 7月
金額:90分 14k
セラピスト:もも(HP掲載なし)
年齢:25前後
再訪率:50%

なかなか新規エリアに行けていないと思いつつ、安定を求めてしまい池袋へ。
今まで2回ほど突撃して、いつも1~2時間待ち、と入れなかったリラックスタイムへ突撃。
3度目の正直とはよく言ったもの。
5分くらい待ってもらえれば入れるよとの事。
待合室でお茶をいただきながらしばし待機。
ちなみに受付は初老の男性。少し日本語が怪しめ。
ちゃんと5分ほどで呼ばれ、部屋へ。
この業種にしたら広めかな、という印象。

ここで本日の嬢とご対面。
水色のドレスを着て、胸のあたりが強調されている。
全体的に太っている印象はない、素晴らしい巨NEWの持ち主だ。
目は細めだが全体的に肌が白くてかわいらしい感じ。

着替えアシストをしてもらいながら、腰にタオルを巻く。
そして戦隊ルームへと案内される。

やたらムーディーな色をした照明がある戦隊ルーム。
こちらも割と広めである。

ウツブセー

泡はふわふわしてキモチイイが、それだけ、という印象。
あまり攻める嬢ではないのかな~という感じ。
日本語に不自由はなく、会話も順調だった。
アオムケー

仰向けになり目が合うとフフフ、と笑う。
なるほどかわいい。
仰向けになるとうつぶせの時から打って変わって積極的になる。
うつぶせの時からこの攻撃があったらよかったのになぁと思いながら、思わず声が出る。
「マダダメダヨー」と言われながらいじられる感じ、嫌いではない。笑
泡を綺麗に流してもらい、拭きアシストもありで再び部屋に戻る。


ウツブセー

タオルをかぶせての指圧が始まる。
若いからか力はあるのだが、上手さという点ではもう一歩。
指圧をする場所が変わるたびに、もう少し弱くていいよ、と伝えた。
上半身⇒下半身とやったところでタオルが剥ぎ取られる。

フェザータッチタイムがスタートする。
こちらのスキルはものすごく高い。
思わず腰を浮かせると、これまたフフフが出る。

アオムケー

笑顔がかわいくていやらしくなっている。
パウダーがふりかけられ、体全体を使ったマッサージへと移る。
しかしわりとしっかりとしたドレスを着ているせいか、あまり気持ちよくない。
とりあえず抱き寄せて、Kを試みるとすんなりと受け入れてくれる。
これはいける、と確信を持ちDKへ移行。問題ない。
次にドレスの上からOPIを触る。問題ない。
であればと直接を試みると条件が伝えられる。

カップアテラレタラチョクセツイイヨー

まさかのトトカルチョの開始。
外せない一発勝負を見事当てる(ちなみにHカップ、でかい)
ご褒美にCKBを堪能。ペロリはちょっとだけ。
下のジャングルは布越しのみだった。

この後オイルを投入されCKBをメーナーしてもらいながらフィニッシュ。

あとから考えてみたらいたって普通のチャイエスだった。
※トトカルチョは除く

行くのであれば同じ子で入りたいが、HPにいないので50%で。
そろそろ別エリア行きたい。

ご参考になりましたらクリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

関連記事