メンエス妄想体験記 ~失われた快楽を求めて~

-東京と神奈川のチャイエスを中心に、時々なでしこ-

アジアン蒲田

プリンセス@蒲田の体験

店名:プリンセス@蒲田
訪問時期:2019年 8月
金額:90分 10k
セラピスト:ま●
年齢:20代前半
再訪率:50%

蒲田に何度かチャイエスで訪れたことがある人であれば、
あの駅の店が東口か西口で別れていることは周知の事実であろう。
各お店のHPにも必ずと言っていいほど、
どちらの出口かきちんと記載がある。
今日のお店「プリンセス」それ通りに西口で電話。
すぐに入れるとのことだったが、なんと東口に行けとの指示。

これが意外とめんどくさい。
仕方がなく東口に着いて再度TEL。
ここからの案内はスムーズで迷うことなく部屋へ。
ピンポンを押すとスレンダーな中国美女が現れる。
この時点では少なくとも外れではないことを確信。
HPの写真は粗方あっているが、お胸は盛ってるかな。
顔はかわいい坂口杏里という感じ。
笑顔が好印象で日本語も堪能なので会話には困らない。

90分10kという良心的な値段を支払いシャワーへ。
シャワーを済ませると拭きアシストをしてくれて部屋へ戻る。
ちなみに部屋はワンルーム。

ウツブセー

タオルがかけられ指圧の開始。
マッサージ、上手である。
聞けば歴も結構長いとの事で、ツボを外すことなく、
またちょうどいい力加減でマッサージをしてもらえる。
さらにこの手のお店だとやたらマッサージが長かったりもするがそれもなく。

こちらもちょうどいいタイミングでタオルがはがされ、
サワサワタイムが開始される。
これも非常に上手で、さらに長く時間を取ってくれる。
サワサワタイムが好きなワタシとしては嬉しい。

するとこの手のお店では珍しく4TBの指示が。
こちら全ラーなので少し恥ずかしいがなかなかないことなので嬉しかった。
その状態でオイルがかけられて、乳しぼり状態になる。
声が漏れると嬉しそうに「キモチイイ?」といたずらに聞いてくる。
うむ、かわいい。

アオムケー

 

仰向けになると嬢が添い寝をしてくれ、
CKBからマイサンを往復してくれる。

こちらから攻撃を仕掛ける。
丁寧にマッサージをしてくれたので、こちらも丁寧に。
すると「トクベツヨー」と言いながら生πをいじらせてくれる。
少しスイッチが入ってしまいメーナーを試みたが、これは少しだけ。
下は布上からのみおゆるしをいただいた。
ちなみにKはフレンチのみ多少行けたが、深くは行けず。
CKBをメーナーしてもらいながらフィニッシュ。

丁度時間を迎えていたが、「ユクリデイーヨー」とうれしいお言葉。
セルフシャワーに拭きアシストをしてもらい、着替えてバイバイ。

通常の王道チャイエス、という感じで平和に幕を閉じた。
通ったらなにかありそうな気もしなくもないが、そこまではしそうにない。
ご参考になりましたらクリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

関連記事