メンエス妄想体験記 ~失われた快楽を求めて~

-東京と神奈川のチャイエスを中心に、時々なでしこ-

アジアン神田

Aroma Lip@神田の体験~店名に恥じぬ口撃に

店名:Aroma Lip
訪問時期:2019年 10月
金額:80分 9k
セラピスト:Mちゃん
年齢:20代前半
再訪率:75%

普段は仕事で全く縁がない神田だが、
チャイエスとなれば話は別。
縁は作る物なんだなと実感する。
 
よくわからないで出しだが、本日はそんな神田の
Aroma Lip」に決定。
事前に電話をする必要がなく、HPに丁寧に住所を
掲載してくれるのが、この神田クオリティ。
最近は突撃するのも何のその状態になってきた。
 
突撃すると、これ以上ないくらいの歓迎をされ、
そそくさと80分9Kを支払い中に入る。
 
「オニーサンコニチワー」
 
生唾ごくりしたのは久しぶりかもしれない。
さすが神田、神の田んぼと「神」を冠しているだけのことはある。
写真の雰囲気そのままで、体型もそこまでごまかされていない。
 
「ゼンブヌイデセンタイネー」
 
そう言うとそのまま戦隊の準備に行くと思いきや、その場にとどまる。
なるほど、そういう感じか。
こちとら羞恥心のかけらもないため、すぐに全ラーへ。
手つなぎ状態で戦隊ルームに案内される。
 
決して綺麗とは言えない戦隊ルームであるが、
そんなこと言っていたらチャイエスなんて楽しめない。
 

ウツブセー
 
張り切ってうつぶせになる。
しっかりとたてられた泡を背中に落とされる。
一瞬にしてその泡がOK2辺りに塗り広げられていく。
一度はこの状況を俯瞰で観てみたいものだ。
※やめるきっかけになるかもしれないが。
絶妙な力加減を発揮して遠慮なしに割れ目から、
前の方までその手を滑り込ませてくれる。
この瞬間、腰を浮かせてしまうのが直らない。
 

アオムケー
 
早速マイサン付近に泡が落とされる。
上半身には落とさないんかい?と思いつつも身をゆだねる。
するとその手が上半身にもやってきて、
CKBをいたずらにコリコリといじってくれる。
 
「ゲンキネーカタイネースケベネー」
 
三冠王確定である。
この後の期待が確信に変わった瞬間でもあった。
 
丁寧とは程遠い雑なシャワーで泡を流され、
こちらもあまり丁寧とは言えない拭きアシストで、
半分ほど濡れた状態で部屋に戻る。
 

ウツブセー
 
タオルがかけられマッサージが始まる。
これはかなりの上手なマッサージ。
だいぶ身体が疲れていたせいもあってか、非常に気持ち良かった。
どちらかと言えば華奢ともいえる嬢から、
ここまで力がこもったマッサージが受けられるとは思わなかった。
 
そのまま何も言われず、オイリーナ。
どちらかというとオイルかパウダーか聞いてほしかったのだが。。
仕方ないのでとりあえずなすが儘になってみる。
割と力がこもったオイルマッサージの後、そのギャップを楽しむかのような、
フェザータッチが始まる。サワサワタイムの開始である。
 
適度に伸ばされた爪と、たまに吐息を使って、
OK2の割れ目から前面まで両手が入っていく。
思わず声が出てしまう。
 
「オニーサンキモチネー」
 
滑り込まれた両手が自然と腰を浮かしそのまま4TBへ移行する。
もちろん神Pはなしである。
ダイレクトにくるので「やべぇ」と思っているとお待たせしました。
 

アオムケー
 
仰向けになると手はマイサンをいじりながらも、
CKBをメーナーしてきてくれる。
これは我慢たまらんと思い、こちらからも刺激を試みる。
 
「ダメヨー」
 
と言われながら服の上からは問題なし。
調子に乗って剥ぎ取りを試みても問題なし。
これは意外だった。
むしゃぶりつく、なんて下品なことはせず、
たしなむ程度にしておいた。
嬢も声が出てしまうのを必死にこらえているようで、
これも興奮度合いが増すポイントとなった。
 
だが下の密林とDKは不可。
雰囲気を壊すことなく、最後はCKBをメーナーしてもらいながら、
心も体もスッキリ!!!
 
シャワーを浴びて少し時間が余っていたので、
手のマッサージをしてもらいつつ終了。
 
​ハグして軽くKしてさよなら。
 
王道ながらもコスパは最高で寛容さもあった。
神田に来たらまた行ってしまいそうである。​

ご参考になりましたらクリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

関連記事