メンエス妄想体験記 ~失われた快楽を求めて~

-東京と神奈川のチャイエスを中心に、時々なでしこ-

撫子三軒茶屋

某撫子店@三茶の体験~見えなくても布は無い方が良い

店名:非公開
訪問時期:2019年 11月
金額:90分 19k
セラピスト:非公開
年齢:20代前半
再訪率:80%
店名、セラピさんの詳細はこちらからどうぞ♪

エステでは初めての三軒茶屋。
もちろん仕事、プライベート含め何度か来たことがある街ではある。
ただメンエスに行くという気持ちで降りると、また違った景色に見える。
メンズエステと言うエロメガネにかかっているせいだ。
 
案内された部屋につきインターホンをピンポン。
「ガチャ」
身長低めのかわいいセラピさんが登場。
正直に、かわいい。可愛い。カワイイ。
垢ぬけてない感じが出ていて、なんか中目黒とか恵比寿じゃなくて、
三軒茶屋が似合っている感じがあふれ出ていた。
 
90分+衣装OP合わせて19kを支払いシャワーへ。
シャワーから戻った時の衣装チェンジをムフフと思っていたのだが、
あれま、そのまま。
あれ?と思ったが、うつぶせになったところで脱衣タイム。
焦らすねw
ベビドの中を想像するだけで、にやけてしまいそうだったが
我慢して施術に集中。
 

先ずはマッサージ。
まだセラピさんになって3~4カ月ということで、
確かに伸びしろはまだまだある様子。
しかし見た目年齢にはそぐわない天性のエロさがあり、
密着が始まると、んふっとなることの連続。
オイルの魔術師とも呼ぶべきであろう。
個人的に、あまりカエル足が得意ではないのだが、
このセラピさんのカエル足は絶品。
本当に自分がカエルになったのかと勘違いしそうだった。
↑ほめてますw
この時にはセラピさんの手がダイレクトにマイサンに。
うつ伏せになっているのがしんどそうなのを、見破られたか、
4TBコールがかかる。

 
4TBになると、マイサンはもちろん、CKBまで手を伸ばして、
ダブルで攻撃をしてくる。
これは本当にたまらん。。
 
仰向けコールくるかな~と思いきや、ここで胡坐コール。
珍しい順番に若干戸惑いがあったが、
この胡坐タイムの密着がかなりやばかった。
後ろからの密着、そしてセラピさんが前に来ての密着では
ああ、このまま時間が止まればいいのにというほど。
色んな所がふれあい、オイルまみれ。
もちろんセラピさんもオイルまみれなので自然とベビドが透け、
全ての形があわらになっている。
 

やっとの仰向けコール。
疑似ロックの形になったので、ベビドの上からOK2をサワサワ。
嫌がられず、少し体をくねらせていたので、
ベビドをめくりサワサワからもみもみへ。
セラピさんもマイサンを中心にいろいろなところを触ってくれる。
 

どの体制が好きですか?と聞いてくれたので、
添い寝状態をリクエスト。
間近で見ると、本当にかわいく吸い込まれそう。いや、吸い込まれたい。
むしろたぶん吸い込まれていた。笑。
セラピさんがいる反対サイドの手でお胸に手を伸ばすと、
こちらも嫌がられず、動きを続行。
丁度いい大きさのπを堪能した。
最後はCKBを弄んでもらいながら、スッキリ!スッキリ!!スッキリ!!!
 
一生懸命さの中に、確かなエロもあり、
また焦らすのも上手であり、非常に濃厚な90分となった。
 
唯一のマイナスポイントはロケーションだけ。
三軒茶屋じゃない時があればいいのになと思いながら家路に着いた。

店名、セラピさんの詳細はこちらからどうぞ♪

ご参考になりましたらクリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村