メンエス妄想体験記 ~失われた快楽を求めて~

-東京と神奈川のチャイエスを中心に、時々なでしこ-

撫子大阪 番外編

某撫子店@大阪市内の体験~初大阪上陸!文化は違えどエロは違えず~

店名:非公開
訪問時期:2019年 12月
金額:90分 11k
セラピスト:非公開
年齢:30中盤
再訪率:30%
お店、セラピストさんの詳細はこちらからどうぞ♪

仕事で大阪へ。
撫子店に通うようになってからは初めてかもしれない。
ということもあり、事前の下調べにかなりの時間を要した。
まるで通い始めのころを少し思い出した。

 
 
エスカレーターでどちら側に寄るかのように、
地域が違えば文化も違う。
それはエスカレーターに限らず、メンエス界でも同じことだ。
そんな体験記を始めていく。
ちなみに大阪中、数件行くことが出来たので、
時折「番外編」として大阪の体験を記載する。

 
 
大阪で無駄な時間を過ごしたくなく、
事前にWEBで予約を入れておいた。
WEBで予約を入れてからは、SMSでやり取りをし、ストレスなくお店へ。
外観がとても高級なマンションへ。
対面すると金髪が似合っていないやしろ優みたいなセラピさん登場。
これは外したか、と思い早くも大阪の洗礼を浴びたかと思わされる。
年齢は30後半であろうか?体系もぽっちゃりとしていて、
関西のおねえさん(おばさん)感がにじみ出ている。

 
 
部屋へ通されるが、やたらと散らかった部屋である。
これが大阪クオリティなのか?と不安を覚えつつ、お支払い。
90分11Kという、こちらも大阪クオリティなのかと嬉しい誤算。
関東なら間違いなくチャイエスレベルである。
着替えてシャワーを浴びて紙Pを履いて戻る。
すると、紙P履いてくれたんですね!とのこと。
これこそ文化の違いである。
お言葉に甘えて紙Pを脱がせていただいた。

 
 
まずはうつ伏せになって指圧。
こともあろうか(失礼)非常に上手。
きっと熟練の技はこういったことなんだろうなと感じる。
力加減からツボまでしっかりと把握しているようだった。

 
 
一通り指圧したところでオイルの投入。
常温のオイルだが、セラピさんの肌で温められてか、
とても心地が良い。
セラピさんも話してみると饒舌だが、
関東に住んでいたこともあるらしくコテコテの関西弁は出てこない。
他愛もない話で結構話が盛り上がった。
ハズレを引いたかと序盤におもってごめんなさい。

 
 
肝心のオイルマッサージがこれまた非常に上手。
なんというか、上手く手のひらで転がされている感じがするのだ。
鼠径部から離れた箇所はしっかりと、しかし鼠径部に近づくにつれ、
絶妙なタッチ加減で思わず声が漏れてしまう。
がしかし、あまりマイサンに元気がみなぎってこない。
多分、第一印象のイメージが強すぎてしまったのかもしれない。
流れとしてはうつ伏せ⇒カエル足⇒4TB⇒仰向けという、これは東西同じの王道コース。
あえて事故を最小限にした感じで健全ながら半BKが続く。

 
 
残り10分ほどとなったところでセラピさんから
「もう間もなく終わりますが、どこかやってほしいところありますか?
ほんと、どこでもいいですよ」
との事。

 
 
これは本当の願いを言ってもいいのか?と疑心暗鬼になったものの、
試しにの意味も込めて恥ずかしながらスッキリをリクエストしたところ、
快諾してくれた。
思いの外、丁寧にスローから雰囲気を作りつつ、昇天させてくれた。
第一印象はあまりだったが、コスパ的にもまぁ満足。
ただ部屋の生活感はもうちょっとどうにかならんもんかなと思います。



お店、セラピストさんの詳細はこちらからどうぞ♪

ご参考になりましたらクリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

関連記事